Senior+/ex(シニア プラス エクス)

シニアの生活行動や意識データなど、現代シニアの実態を把握できるマーケティングデータです。

ACR/ex』の調査フレームで、調査対象年齢を74歳まで拡大した、シニアマーケティング向けパッケージとしてご提供しています。
シニアの生活実態やメディア接触、商品と購買など、現代シニアの実像が捉えられるデータです。
加えて、シニア層を理解するための切り口として開発された「シニア価値観セグメント」を使うと、新たな視点でシニアを捉えることができます。

分析事例の紹介

AIスピーカーはシニアにうける?若年層よりシニア層が活用するスマホの「音声検索機能」

シニア、スマホへの関与高まる! ~70代前半で3人に1人が所有~

サービス概要

当サービスでは、下記のようなデータを提供しております。

 〇テレビやインターネット、雑誌などのメディア接触状況
 〇商品の所有・購買状況
 〇生活行動
 〇意識

<提供形態>

Webシステム「VR-CIP」にて提供。
簡易的なレポーティングだけでなく、さまざまな集計・分析も可能。
※Senior+/exの一部データを抜粋した「Senior+/exサマリーレポート」もご提供しております。

①基本レポート編
シニアの生活行動・意識・情報・購買・メディアなど、現代のシニアを俯瞰するためのデータレポート。

②テーマレポート編
「シニアの"買い物"に関する変化~買い方、買い場、情報~」:消費行動や意識に関する項目をビデオリサーチのシニア研究チームVRエイジング・ラボの研究知見も加え、時系列での変化状況やこれからの兆しについて分析・考察。

 納品形態:いずれもCD-ROMによるPDF納品
 提供価格:①30万円 ②30万円 ①・②セットでご購入の場合は50万円(税別)



調査概要

市場全体推計可能なエリアランダムサンプリングを採用、調査専用タブレットを貸与し調査を実施。

調査エリア及び目標標本数 東京50km圏:5,000s 関西地区:2,000s
対象者抽出方法 ARS(エリア・ランダム・サンプリング)
※調査対象者の無作為抽出、インターネット非利用者も含む市場全体を母集団とする設計
調査方法 訪問による調査対象者説得、電子調査票による調査
※回答者全員に通信機能付きの回答専用端末(タブレット端末)を貸与
調査対象者 男女12~74歳の個人(ACR/exの対象者に70~74歳を追加)
調査依頼期間 1年間のパネル化
(6ヶ月ごとに半数ずつ入替)
毎年4~6月
(1年ごと入替)