CM出演タレント トリバゴジャパン「ナタリー・エモンズ」がトップ

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

関東・関西・名古屋の3地区の各民放5局を対象に2017年の年間(1月~12月)テレビCM出稿動向をまとめました。商品種類別(秒数ベース)でみると、関東、関西地区では「通信・web系サービス」が、名古屋地区では「住宅・建材総合」が最も多く出稿されました。「通信・web系サービス」は「トリバゴジャパン」「Indeed」「LIFULL」が顕著な伸びを示し、3地区とも前年から大幅増となりました。

タレント別(関東地区)では、「トリバゴジャパン」の「ナタリー・エモンズ」が、auの「濱田 岳」「桐谷 健太」「松田 翔太」の三太郎、ソフトバンクの「上戸 彩」「桐谷 美玲」の通信キャリアのタレントをおさえトップに躍り出ました。ベスト10のうち、最も躍進したのが、7位の「斎藤 工」(前年121位)です。「ソフトバンク」に加え、「Indeed」への出演が大きく寄与しました。

タレント別テレビCM出稿量(秒数ベース)上位10人  (2017年1月~12月 関東地区)

図1.jpg

広告社数では「広瀬 すず」がトップ

広告主数(関東地区)では「広瀬 すず」が23社と最も多く、「有村 架純」「小栗 旬」がともに18社で、ベスト3となりました。「広瀬 すず」は前年の19社から社数を伸ばしてTOPとなり、「小栗 旬」は前年13社(13位)から18社(3位)へとジャンプアップし、ベスト3入りとなりました。

タレント別広告社数 上位3人(関東地区)

図2.jpg

2017年の年間CM出稿量の推移 (テレビ局広報CMを除く民放5局合計)

年間合計CM総出稿量

【関東地区】

図3.jpg

【関西地区】

図4.jpg

【名古屋地区】

図7.jpg

月別CM出稿量の推移<番組+スポットCM>

【関東地区】

関東地区<番組+スポットCM>

図5.jpg

[関西地区]

関西地区<番組+スポットCM>

図6.jpg

[名古屋地区]

名古屋地区<番組+スポットCM>

図8.jpg

商品種類別年間CM総出稿量<番組+スポットCM> 〔2017年1月~12月 上位20商品種類〕

図9.jpg

図10.jpg

図11.jpg

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!