第93回 「テレビタレントイメージ調査」(2019年2月調査)平成最後の人気度1位は、サンドウィッチマンと綾瀬はるか

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

男性タレントの人気度は、前回、初の首位を獲得したサンドウィッチマンが引き続き首位をキープ、2連覇となりました。バラエティ番組やCMでの活躍が目覚ましいのは勿論のこと、「東北魂義援金」を立ち上げ、これまでに被災地に寄付した金額が4億円以上に上るなど、人柄の良さも支持される一因とみられます。続く2位は阿部寛、3位は明石家さんまとなりました。明石家さんまは、平成30年間の同調査61回のうち、半分以上の36回でベスト3にランクインしており、まさに平成を代表するタレントと言えます。また、ムロツヨシは前回27位から10位にランクアップ、初のベスト10入りを果たしました。コミカルな演技で知られていますが、恋愛ドラマで"いい男"の演技を見せ、同時期のギャグドラマとのギャップと相まり、話題になりました。

女性タレントでは、綾瀬はるかが前回に引き続き1位をキープ、これで9連覇です。新垣結衣も前回に続き2位でした。3位は同率で北川景子と深田恭子、二人ともドラマの主演を務め、女優活動に裏打ちされた人気といえるでしょう。平成の歌姫の一人、宇多田ヒカルは10位と、16年ぶりにベスト10入りしました。昨年デビュー20周年を迎え、ドラマやCMのタイアップ、コンサートツアーなど精力的な活動で人気が再燃しています。
前回から最も人気度がアップしたのは、橋本環奈(34位)。可愛らしい印象の強い彼女ですが、最近ではバラエティ出演やコメディエンヌとしての活躍も目覚ましく、新しい一面をみせています。

VRD569_p33_mark_18.jpgVRD569_p33_mark_19.jpg

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!