2019年8月度首都圏ラジオ調査結果まとまる

VRDigest編集部
VRDigest編集部
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

株式会社ビデオリサーチは、首都圏、関西圏、中京圏の3地区において、それぞれ自主ラジオ個人聴取率調査を実施しています。
首都圏ラジオ調査は、年6回偶数月に調査しており、この度2019年8月度の結果がまとまりましたのでお知らせします。

  記事の中でご紹介しているサービスはこちら ラジオ個人聴取率調査



[Ⅰ] ラジオはどれくらい聞かれている?  (1週間のラジオ接触率 1週間累積:5時~29時)

1週間のうちにラジオを聞いた人は53.4%と、男女12~69才の約半数となっています。
また、リスナー(ラジオを聞いた人)の平均聴取時間(1週間累積)は12.5時間で、1日あたり2時間近く聞かれています。

glaf1.PNG

[Ⅱ] ラジオはどこで聞かれている? (聴取場所別聴取分数のシェア 週(月~日):5時~29時)

ラジオは自宅内・自宅外の両方で聞かれる特性を持ったメディアです。自宅内で聞かれる割合は
50.8%、「車の中」「車の中以外」を合わせた自宅外では、49.2%です。

glaf2.PNG※詳細はこちら

  記事の中でご紹介しているサービスはこちら ラジオ個人聴取率調査
この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!