用語集

か行

タイムシフト(視聴)

Time Shift テレビ放送本来の編成時間軸の流れ(放送と同時)とは、別の時間軸でテレビ番組を見る行為。録画機器や見逃し配信サービスなどで、視聴者が「見たいときに、見たい番組を、自分の見たい見方で見る」こと。

タイムシフト視聴率

タイムシフトでの視聴を示す指標。リアルタイム視聴の有無にかかわらず、7日内(168時間内)でのタイムシフト視聴の実態を示す。

タイムCM

番組と一体で売買されるCM枠で放送されるCM。「番組CM」「提供CM」「プログラム・コマーシャル」ともいう。

関連用語

タイムランク

放送広告料金の基準のための時間区分で、曜日・時間帯別に設定される。Aタイム・特Bタイム・Bタイム・Cタイムがある。

関連用語

デジタルサイネージ(Digital Signage)

ディスプレイやプロジェクターを用いて表示する電子看板のこと。公共施設、駅構内、ショッピングセンター、交通機関などに設置される。現在では通信ネットワークとの併用により変動する映像配信システムが確立されている。

出典:日本インタラクティブ広告協会(JIAA) インターネット広告基礎用語集 2022年度版

到達率(Reach)

一定の期間内に、特定のテレビ番組やCMに一度でも接触したことのある(=番組やCMが到達した)世帯(個人)の割合。「リーチ」ともいう。一度でも接触すればカウントされ、接触量(視聴分数など)は問わない。複数回放送されたテレビ番組やCMの到達率は「累積到達率」ともいう。

トラッキング(Tracking)

ユーザーの行動を追跡すること。例えば、広告をクリックしたユーザーが広告主サイトでどのように行動したかを追跡することにより、資料請求や購買などの目標とする成果に結びついたかを把握できる。

出典:日本インタラクティブ広告協会(JIAA) インターネット広告基礎用語集 2022年度版

トラッキングツール(Tracking Tool)

インターネット広告の効果測定手法。ユーザーのサイトアクセスデータを収集・集計しユーザーの行動を分析するツール。

出典:日本インタラクティブ広告協会(JIAA) インターネット広告基礎用語集 2022年度版

トラフィック(Traffic)

①インターネット上を行き交うユーザーやデータの量。広告のクリックなどを経由してWebサイトに集まるユーザーの量、サーバーや回線に流れるデータの量など。

②広告素材の入稿から掲載までの進行管理業務のこと。

出典:日本インタラクティブ広告協会(JIAA) インターネット広告基礎用語集 2022年度版

お問い合わせContact

個人の方

ご協力をお願いしている
調査についてのお問い合わせ

当社の調査にご協力いただいている方、調査の依頼が来た方、モニター(ネットリサーチ、座談会など)にご登録いただいている方のお問い合わせはこちらから。

企業の方

調査データ・商品サービスの
お問い合わせ

当社の調査データ、商品・サービスについてのお問い合わせ、データをご利用になりたいマスコミの方、研究目的の学生の方もこちらからお問い合わせください。

企業の方

協業・ご提案についての
お問い合わせ

当社との協業や、商品・サービスをご提案されたい方はこちらからお問い合わせください。