imgimg
imgimg
img
img
img
imgimg
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
お問い合わせ
広告
2019年12月18日

2010年代のPCバナー広告の出稿状況

株式会社ビデオリサーチインタラクティブ
株式会社ビデオリサーチインタラクティブ

2010年代のPCバナー広告の出稿状況

まもなく2020年を迎えるにあたり、2010年から今年までのPCバナー広告の出稿状況を取りまとめました。※1
今回の結果は、株式会社ビデオリサーチインタラクティブ※2の独自基準に基づいて収集・DB化した、デスクトップ・スマートフォンの動画広告やディスプレイ広告の広告統計サービス「digiads(デジアズ)およびその前身サービス「Web Ads Report Advance」)をもとにまとめたものです。

年間のPCバナー広告出稿社数・時系列推移(2010年~2019年)

PCバナー広告の年間の出稿社数をみると、2010年は4,499社でしたが、4年後の2014年にはその倍以上の1万社を超えており、その後も1万社台を維持しています。また2014年は、運用型広告が伸長したことに伴い、インターネット広告市場が初めて1兆円を超えた年でもありました。2010年代トータルのPCバナー広告出稿社数は39,830社に上ります。 

 【図表1】年間のPCバナー広告出稿社数・時系列推移(2010年~2019年)

図表1.jpg

2010年代のPCバナー広告推定出稿量上位20社(2010年~2019年計)

2010年代の10年間トータルの推定インプレッション数を広告主別に算出すると、最もPCバナー広告の出稿量が多かったのは「サントリー」で、「エアトリ(旧DeNAトラベル)」「カカクコム」が続きます。また、全体に占める上位20社の出稿量の割合は、23.4%を示す結果になりました。 

 【図表2】2010年代のPCバナー広告推定出稿量上位20社(2010年~2019年計)

図表2改.jpg

各年のPCバナー広告推定出稿量上位5社(2010年~2019年)

続いて、年間でのPCバナー広告出稿量上位5社をみると、年間でトップに立ったのは「サントリー」「エアトリ」がともに3回、「リクルートホールディングス」が2回、「カカクコム」「GMOコマース」が各1回となっています。また、2018年までは出稿量上位5社のうち2社以上が前年から連続してランクされていますが、2019年の場合は「さとふる」の1社のみとなっています。

 【図表3】各年のPCバナー広告推定出稿量上位5社(2010年~2019年)

図表4.jpg

PCバナー広告推定出稿量 商品種類別シェア・時系列推移(2010年~2019年)

バナー広告で訴求している商品種類別の推定インプレッションのSOV(Share of Voice)についてみると、10年間トータルでは「IT関連」が16%と最も多くを占め、「小売業・商社」「金融・保険・証券」「運輸・観光・娯楽」「食品・飲料」が10%台で続きます。今年と昨年を比較すると、「運輸・観光・娯楽」(特に中分類 "旅行代理業" )のシェアが伸長しており、逆に「IT関連」(特に中分類"懸賞・プレゼント情報" )が縮小しているのが目立ちます。

 【図表4】PCバナー広告推定出稿量 商品種類別シェア・時系列推移(2010年~2019年)

図表3.jpg

PCバナー素材のファイル形式・2010年/2019年比較

最後に、バナー広告素材のファイル形式について、2010年と2019年を比較してみました。2010年は「GIF」が半数弱を占めていましたが、今年は6%と大幅に減少しており、「PNG」「JPEG」の両ファイル形式が現在の主流となっていることがわかります。また、2010年に1/4を占めていた「SWF(Flash)」形式の素材は、2019年にはほぼなくなっています。 

 【図表5】PCバナー広告素材のファイル形式・2010年/2019年比較

図表5.jpg

◆デジタル広告統計サービス「digiads(デジアズ)」の概要

図表6.jpg


※1 ビデオリサーチインタラクティブの広告を除いた集計です。また、2019年データは、1月1日から11月30日までを集計対象としています。

※2 株式会社ビデオリサーチインタラクティブは、インタラクティブ領域におけるメディアの媒体価値や広告効果を最大化・最適化するための業界標準データやソリューションを提供し、企業のコミュニケーション活動をサポートしています。インターネットオーディエンス測定事業、広告統計事業、広告効果測定事業を軸に、1999年より活動しています。

サービスやデータに関するご相談はこちら
pagetop