【データの車窓から】花粉症、その悩みに地域差あり!!

吉田 正寛
ソリューション局マーケティングソリューション部
吉田 正寛
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!

 花粉症のシーズンが到来しました。この時期みんなを悩ませる花粉症、辛い症状に悩んでいる方も多いと思います。今回はビデオリサーチの生活者調査「ACR/ex」を用いて、花粉症に悩む人の割合やその対応の現状についてみてみます。

花粉の悩みは本州に集中

 ACR/exは全国の主要7地区(※)で調査をしています。最近悩まされている症状として「花粉症」をあげる人の割合を、2015年から3年間の時系列で確認しました。3年間の推移は35%前後とほぼ横ばいで、なんと3人に1人は花粉症に悩んでいるという結果でした。

※東京50km圏・関西・名古屋・仙台・広島・北部九州・札幌

 この結果を地区別にみてみました。7地区の中でもっとも花粉症に悩まされているのは東京50km圏で38%程度。都市部ゆえに空気の悪さや過密な環境が影響するのでしょうか?

一方で興味深いのが、札幌と北部九州です。北部九州では25%前後。札幌ではなんと10%強と非常に低い結果となっています。北海道では花粉症はあまりメジャーでないようです。調べてみると、北海道には花粉症の原因になるスギやヒノキ、ブタクサがあまり存在しないためだそうです。原因物質がないとなると、悩む人も少ないのは頷けます。

図表1各地区の 「花粉症に悩む人」の割合(%)

kahun.png

※ACR/ex2015~2017年データの平均

花粉症への対処は??

 ACR/exでは花粉症への対処方法についても調査しています。

 悩む人の割合については地区別に差が見られましたが、対処の仕方には大きな差はみられません。どのエリアもトップは「医師が処方した薬(内服薬)を服用」で33%前後、悩む人の3人に1人はお医者さんにかかっているという実態です。一方で「市販薬(内服薬)を服用」20%前後となっていました。驚いたのは「何もしない」の割合が、なんと25%、悩んでいても特に対処しない人も4人に1人はいるようです。

図表2 2017年の花粉症に悩む人の対処(%)

kahun2.png

 これから本格化する花粉症シーズン、まだまだ対処していない人も一定数いるので、対策方法などを啓蒙する必要もあるかもしれません。

処方薬や市販薬で対処しつつこの時期を乗り切りたいですね。

※ACR/exとは・・

生活者をフラットに捉える新たなシングルソースデータ。     

「生活者属性」「商品関与」「メディア接触」という3つの視点を

同一サンプルに調査することで、人・ブランド・メディアを多角的に捉えます。

関東・関西・名古屋など主要7都市で約1万人に調査を実施しています。       

   http://www.videor.co.jp/solution/new-technology/acrex.htm

この記事をシェアする
  • facebook
  • facebook
  • Twitter
  • HatenaB!